食事による薄毛・脱毛の解消・緩和に取り組む方のためのベーシック情報サイト

薄毛で髪が細くなってしまった場合の食品選び

髪が細くなる薄毛で不足しがちな栄養素

毛髪が細くなることによる薄毛の場合、タンパク質やビタミンの不足を一因として挙げることができます。

この場合、栄養の偏りや栄養失調によって毛髪に十分な栄養が行き渡らなかったり、毛髪を生成するための栄養素が不足したりといったことが、主たる原因となるので、暴飲暴食や飲酒喫煙、夜更かしといった、不摂生の解消・緩和はもちろんのこと、日頃の食生活を顧みて、自分に必要な栄養素がタンパク質なのかビタミンなのか、あるいはその両方なのか見極めると、より多くのタンパク質ないしビタミンを含む食品を摂取するための指標とすることも可能でしょう。

病気やストレスに起因しない薄毛や脱毛の解消を試み、毛髪を太くしたければ、タンパク質とビタミンのうち、より不足している方を重点的に摂取することをお勧めします。

髪を太くするために有効な成分を含む食品

髪を太くする効果が期待できる食品としては、タンパク質からは髪の主成分ケラチンを生成するのに役立つシスチンやメチオニンを含む食品で、イワシ、サーモン、牛・羊肉や牛乳、小麦類などが、ビタミンからは、ビタミンAが豊富な豚・鳥肉、アンコウ、ウナギ、同じくビタミンBが豊富な牛・豚・鳥のレバー、ウナギなどが、それぞれ挙げることができます。

タンパク質の摂取効率が高めなのはイワシやサーモンなどですが、食べやすさまで考慮するのであれば、牛肉や小麦類が無難ではあります。
ただし、現代においては牛肉、小麦共に消費量が増加傾向にあるため、タンパク質の摂取が不足することは、稀でむしろ過剰摂取を心配すべきでしょう。

ビタミンAとビタミンBの場合も、比較的摂取が容易な豚・鳥肉が主な供給源となるビタミンAはもちろん、好き好きはありますが各種レバーを介せば、ビタミンBも摂取自体は容易なので、やはり過剰摂取が危ぶまれます。


TOPへ戻る